忘れ物をしたよ 昨日に
それを明日 探しに行くよ
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
拘束力のある自分という殻

最近になって真剣に思うけど、私、人前でパソコン開けない。お気に入りが酷過ぎる。何というか、ありとあらゆる方向に酷過ぎる。このブログを教えている相手の前でも基本的には開けない気がするよ。変態氏あたりがぎりぎりいける…かな。それすら微妙だもんな。人を家に入れたくないのってそれも一つの理由な気がする。パソコンの電源を付けた状態でその場を離れる事なんて出来ない。お気に入りに2chが入ってるなんて可愛いもんだよな。

かと言って、複数アカ作ったらそれはそれで、じゃあこっちは何なの?ってなるじゃんか。興味を引いちゃ駄目なんだぜ。隠しアカって作れるの?作れるとしたらどうやって作るの?でも私iTuneの中身すら見られたくないんだけど。ちょっとアレな女子であるという事とか、ちょっと変わった恋愛観とか、そんなもんは勿論の事、ヲタっぷりとかも勿論の事、どんな髪型探ししてるかとかすら見られたくない。もうなんていうか、私生活を全く見せたくない。そういう種類の人なんです私。

いつも思うけど、私って常に「正解」を求めて動いてる気がする。人生いらいら棒みたいに、ここの枠から外れてはいけません、って思いながら生きてる。少なくとも対人的には。自分自身に対してはかなり軸のぶれた人間でございますが、外向きには正しい事を貫きたくなる。だけどその「正解」の基準がかなり厳しくて、そして自分の外側にある。二十歳の女子大生とはこういうものだ、っていうのを貫かないといけないような気がする時があるんだよね。だからヲタじゃいけないし、云々。部屋には可愛い小物が置いてあって、云々。こういう小説が並んでいて、云々。そんな調子。

実際の私は全く以て「正解」を積み重ねられない人間です。どちらかというと寧ろ「間違い」をコンプリートしそうなタイプの人。そのギャップに自分でちゃんと気付いているからこそ、外と内で演じ分けているのであって、だからこそ自分の「内側」に誰かを入れるのが大嫌いなのです。家に人を呼ぶのなんて大嫌い。親ですら、家族ですら。リアルに変態氏くらいしか明るい気分で招けない気がするけどそれは彼女に対してあまりにも遠慮が無いからなんだろうか。あとはおそらく牡丹嬢もかなり平気で招ける気がする。双子ちんで曖昧、天使様微妙なライン。読書家嬢は実は結構キワドイ。そういうかなりシビアな線引きをしております。

平気で家に招けるような相手とは恋愛関係になれないと思う。そんなに全てを預けられる相手とそんな関係になってしまっては私は壊れてしまうに違いない。それに、その関係が壊れてしまった時、私はどうしたらいいか分からなくなってしまうだろう。だから、内側をちゃんと知らせられる相手とは恋愛関係に落ちないし、恋愛関係に落ちた相手にきちんと内側を見せる事も、ない。

あっさりとパスワードを教えてくれるのも、家の鍵を一時的にでも預けてくれるのも、一人で家に残しておけるというのも、きっと幸せな事なんだよ。分かってるよ。だけど、私には出来ないよ。それは恋愛じゃなくて友情でも、何でもなんだよ。そういう生き方をしてきたし、だから一人ぼっちで生きる方が似合うし、一人ぼっちで死ぬ方が似合うんだよ。そう思いながら、自分のお気に入りをぼんやりとした目で眺める。何を残して何を移すかなあ。

日常 comments(1) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








わたし前のブログをまた時々使用することにしました
from. 読書家 | 2011/08/15 12:23 |
<< NEW | TOP | OLD>>