忘れ物をしたよ 昨日に
それを明日 探しに行くよ
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
いつか夢見た秘密基地を君と

平和なもんで、院生室の自分のデスクの改造について悩んでいる日々。本当は他に悩まないといけない深刻な課題がたくさんあるんだけど、ちょっとこう妄想し始めたら止まらなくなる体質は依然続いている。

 

私は綺麗好きではないけれど、誰かとポットを共有したり、水道から直接水を飲んだり、誰が使ったか分からないデスクに食べ物を置いたり、出来ない。もうなんか身体が受け付けない。気持ち悪くて。だから院生室で作業してるときに、先輩たちはお茶飲んでたりするのだけど、私はお湯を入手出来なくてペットボトルから飲むって感じだった。でも冬じゃん。しかも長居したいわけよ、せっかく行ったら。そうなるとさあ、やっぱりお湯欲しいのよ。というわけで、せっせとネットで探し、とりあえずわく子さん(さんはいらないらしいけど)を注文した。

 

お湯が手に入るとなると、今度は何を飲むの?っていう話になるじゃないですか。紅茶とか、コーヒーとか。ここでまた、妙な潔癖が出てくるんですよ。院生室ってめっちゃ綺麗ってもんでもないしさ。デスクだってめっちゃ綺麗ってわけじゃないしさ。そんな所にティーパック置いて大丈夫?虫湧かない?みたいな気持ちに、ついつい。でも紅茶が飲みたい。コーヒーとか緑茶系はスティックでもいい。でも紅茶はスティックじゃやだ。美味しくなさそう。うーん。なんていう、平和な悩み。

 

学校が遠いこともあって、あんまり院生室にこもらない日々だった。だけど、これって念願のアトリエなのでは?ということに気付き、さらに言えばまわりの院生たちが結構学校に行って結構そこで時間を過ごしていることにも気付いて、これはもっと活用するべきものなんだろうということにようやく思い至ったわけです。大体、何より、家にいても私ちっとも勉強しないし。

 

今月末には論文の直しを提出しないといけないし、来月には博論の第一回中間発表があるし、本当は結構忙しい。けど、こうしてあんまり関係なくて、少しだけ関係のあることを考えてる時って、幸せで仕方ない。

日常 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>