忘れ物をしたよ 昨日に
それを明日 探しに行くよ
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
触れ合う肘の遠い距離

いつもそう。好きなものが増えると、少し不安定な気持ちになる。それは多分、その何かが心のどこかに響くから。だから好きになるし、だから不安定になる。それは仕方がないことなんだけど、その響き方が強烈であればあるほど、私は乗っ取られてしまう。昔から変わらない、感情移入の濃度。このパターンを自覚して、耐えようとすることが出来るようになっただけ、少し成長はしているのかしら。

 

本当は自分から距離の遠いものを好きになれればいいと思うの。そういう友達もたくさんいる。どう考えても自分と関連のないものを好きになって、自分とは切り離した存在として愛でる友達は多い。というか、そっちの方が多いのかな。私はそれがあんまり得意じゃない。何かしらの自分との接点があるものが好きなことが多いし、もし接点がなければ接点をどこかから強引にでも見出してしまいがち。この傾向は、きっと昔、自分の言葉で自分が思うように感情を昇華出来なくて、何かに感情を憑依させて客観的に眺めようとしていた頃の名残。今は寧ろ、その外側の何かを自分に憑依させてしまうけれど。

 

たくさんの言葉を自分の中で死なせていったの。そんな時代を経ての今だから、なかなか娯楽は娯楽だと思って楽しめない。たくさんの、一つ一つは小さな、簡単な言葉たちが私の中で死んでいった。その棺のようにして、綺麗な表現だとか泣けるお話だとか、そういうものに感情をくるんで、いつも泣きながら見送っていたの。娯楽は葬儀だったし、浄化だった。今でも、何かを見たときに受容したものと、自分自身から自発的に湧きあがる感情を切り離せない。それらは二つで一つだったから。

 

テンション低く、暗く書いているけれど、結局のところは好きなものというかジャンルみたいなもんが増えて、それに取り付かれていて何とも気持ちが引き摺られているよ、っていうだけの話。上手な切り替えが出来ないんだなあ、これが。人間やり始めてそこそこ時間も経ってきたけど、いつまで経っても人間するのが上手になれない。

日常 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>