忘れ物をしたよ 昨日に
それを明日 探しに行くよ
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
夜半、怖い時間はもう来ない

レポートを書かなければいけなくてパソコンを開いたので、せっかくだしこちらも相手にしよう。というか、レポートが進まなくなっちゃったから休憩。頭が回らないんだよお。

 

昔、もうそこそこ昔と言ってもいい年数が経過したけれど、昔の私は午前3時がとても怖かった。なぜかその時間に起きていると、とっても消え去りたくなっていた。2時頃になると焦りが顔を覗かせる。ということは、そろそろ不安になってくる時間帯だったわけだ。何もかもが静まり返って、まだ何も動き出していない、無の時間。すとんと穴に嵌まって誰にも気付かれなくなるような、そんな気持ちに怯えてしまう時間。それが昔の私にとっての午前3時だった。

 

だけど今の私にとっての午前3時は、前日の27時に過ぎない。終わらない前日の続き。何もかもが静まり返った時間ではなくて、音のない喧騒が止まない騒々しい時間。怯えている暇があれば、早く前日を終わらせることに全力を尽くさなければならない時間。時間がどこまでも追いかけてくるから、追い付かなければいけない。私と時間のどちらが前を走っていて、どちらが後を追っているのかさっぱり分からないけれど、とりあえず騒々しい時間になってしまった。怖くはない。いや、ある意味怖いけれど、昔感じていたような沁み渡る恐怖心はなくなった。

 

その代わり、と言ってはなんだけど、今の私は日中の時間帯を怖がることが増えたように思う。具体的な時間は分からないし、きっと起きて活動している時間だからこそあんまり特定するべきではないと思う。必ずしも起きているとは限らないし大抵の場合は一人で過ごしている午前3時と違って、日中の時間はかなりの確率で起きているし、誰かといたり、どこかプライベートではない空間にいたりするから、毎日毎日怯えていたら社会生活がまともに送れなくなってしまう。だから厳密に何時かは分からないけれど、今の私は日中のどこかの時間帯が怖い。もしかしたら、かつての私が恐怖心混じりの孤独を午前3時に押しつけていたのと同じように、今の私も何かしらの切迫した感情の責任をどこか日の高い時間帯になすりつけようとしているのかもしれない。あんまり活動的な時間は勘弁してくれよと思うけれど、きっと今の私は活動的な時間だからこそ怯えるのだろう。何だろうなあ。深追いするとよくないような気もする。

 

眠たいけれど、レポートを書きあげずに眠るわけにはいかない。もっと自分を大事にしないといつか後悔するよ、と、自分に言い聞かせる自分もいるのだけど、それなら自分を大事にする前にもっと自分に厳しくならないといけないから、難しいものだなと思います。頑張ろうね私。午後26時、今日はどこまで今日であり続けるのだろう。

日常 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>