忘れ物をしたよ 昨日に
それを明日 探しに行くよ
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
転々転がるビー玉の路

どうしたんだろう、気持ちが急にがたついている。何もないのにこんな時間まで起きていることがそもそもの間違いなんだろうけど。お医者様、たまたま以前と違う方だったんだけど、親身できちんと聞いてくださる方で、上手くまともな時間に眠れないと言うと治さないと大変だと仰っていた。その通りだと思うし、少しずつ修正していたんだけど、何かあると途端に乱れが戻ってしまうの。駄目だなあ。


幸せなことを考えるんだけど、でもそれは私という個人の全てをカバー出来るものではない。だから、歪みが生じるの。覆い隠されずに剥き出しにされた、幸せではない部分。過去とか。欲しかったのに諦めた未来とか。実は不安な現在とか。そういったものから目を逸らしているのは楽しいのだけど、ふとこんな夜中に視界に入って離れなくなる。安全距離は壊されて、心の中がもやもやしたものでいっぱいになる。


何もかも実在しなければいいのになあ。いい事も悪い事も、何もかも。無かったことになればいいのに。でもそれは結局、何かの歌詞みたいだけど、私が無かったことになるほうが早い。全てを消さなくたって、私さえ消えれば私の知覚世界は消えるんだものね。いなかったことになれないかなあ。私のいない世界が、いなくなるんじゃなくていなかった世界が、ほしいなあ。でもその存在を知るための私もいないから、そんな世界がどこかにあったって私には分からないんだよな。


これはいわゆる希死念慮なのかしら。違うのかしら。みんな誰しも、フランクに、死にたいなあと思うのだと思っていたのだけど、違うのかしら。おやつにホットケーキ食べたいなあとか、晩御飯はハンバーグがいいなあとか、そういうノリで死にたいなあ、と語ることは許されないのだろうか。一つ零すごとに一つやり過ごしているのだから、許してくれたらいいのに。


書いているうちに少しずつ眠気が来始めたわね。寝ましょうね、夜中のうちに。朝日は怖いから、逃げなくちゃね。

日常 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>