忘れ物をしたよ 昨日に
それを明日 探しに行くよ
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
突然分かることもある

ああそうか、本来ならばここに書いておけば良かったんだな。そうすれば、誰かを不用意に傷付けたり、誰かを遠ざけたりしなかったんだろうな。突然気付いた。突然気付いたということは、今の今まで気付いていなかったということで、きっとそれだけここの存在が私の中で薄れているということなのだろう。


ずっと活字に飢えているのは幼い頃から変わらないのだろうけど、それをウェブで簡単に補ってしまえるこの世の中は良いのか悪いのか分からないね。中毒なんだと思う、自覚してる。でもやめ方が分からない。それが中毒だし、依存なんだよね。大人だからそんなことに自分がなっていることは分かるんだけど、どうやってやめたらいいのかはよく分からない。きっと、忙しくなりすぎてしまえばそんな余裕もなくなるのかな。それって、あんまり明るい事態ではないけど、どうなんだろう。


読むのが好きなのと同じかそれ以上に、書くのも好きだよね。ぶつくさ、よく言ってるね。ここに書いたらいいのに。他のところじゃなくて、ここに。そのほうがきっと、平和だよ。誰も傷付けないし、長いことを書いても平気だし。ちょっと直接表現は控えないといけないし、色々と自分に課す制約もないわけではないけど、まあ悪くもないよね。


ああやだ、どんどん時間が過ぎていく。まだまだだと思っていた事柄が、どんどん迫ってくる。仕方がないね、いつも言うように(多分いつも言ってる)それが生きることだものね。でも嫌だなあ。嫌じゃないんだけど、嫌だなあ。


脳みそがね、無みたいな感触がするの。何も考えられないの。困るなあ。何となく、多分、きっと、そこに脳みそがあるんだろうとは思うけど、それが何もしていない感じがする。生きてるし、まあ、生きてるんだけど、でもそれだけのような。賑やかな破綻じゃなくて、静かな破綻をきたしているような気がする。何でだろう、何か間違えたかな。どうしてだろう。何も考えられなくて、困っています。


いずれにせよ深夜、もう寝なくちゃね。ここに書くこと。忘れないようにしよう。いつもここが一つの避難場所、最後ではないけど最後に程近い砦だから。

日常 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>