夏の盛りを越える頃

  • 2019.08.09 Friday
  • 00:25

Yeah I know it's completely ridiculous to be upset about these kinds of things. It's almost even disgusting. でもさあ、だって、そこそこ心を寄せたものだからさあ。拠り所にまでしてはいけないと思いつつ、しんどいときはついね。楽しいものがないときに楽しいほとんど唯一のものだったからね。それは、まあどうしても心が落ち着かないよね。I might have to give it time again. It's not easy to admit but maybe it has something to do with my state right now. 

 

色んなもしもを手元に並べているときが、一番楽しい。時間とともにそれを一つずつ取り上げられてしまうような気がして、悲しい。実際は一つ失ってもまたいくつも手に入るんだけど、その数は無限なんだんけど、でも確かにそこにあったはずのものが無くなるのはいつだって悲しい。悲しいというか、寂しいのほうが近いかな。その二つは、方向性としては結構似てるんだけど、ちょっと違うよね。Sadness is more about myself. It's more about missing something. The sense of lacking what there used to be. 

 

でも結局のところ、分かち合えるということが大事なのかなと思ったりもする。分かち合うというのは、別々の個体である以上は完全には達成されないけれど、でも「分かってもらえている」という気持ちを抱けることが大事なんじゃないかなあって。それは、I guess, something that I used to have, too. Yes, that let me come through a lot of hardship. The feeling that somebody, a significant other, understands you. それが抱ける相手がいるのならそれは幸せなことだし、それは自ずと特別な関係として見なされるようになると思う。Sometimes it might be romantic, sometimes it might not be. In some cases, it can't be. Still. たくさんの愛と理解に囲まれているのであれば、そしてそういう風に本人が知覚しているのであれば、それは幸せなことだと思う。

 

That one feeling you know when you lose someone. That you can love and feel attached to them. That you have someone who means a lot to you. I believe that is a good thing. No matter how hard it is. I believe it is a good thing.

スポンサーサイト

  • 2020.06.04 Thursday
  • 00:25
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM