忘れ物をしたよ 昨日に
それを明日 探しに行くよ
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
名前が表示される一瞬前の静けさ

例えば、久しぶりに聞いた声の違和感のなさが違和感で、切なくなったり。違和感があるかないかなんて、ずっと考えたことなかったのに、ああ違和感ないなって、そんなことを思ったこと自体が違和感で、とても切なくて。かかってくるとどこかで分かっていた電話に驚くふりをして、どうしてもよく理解してしまっていたあなたのことを思って、くすぐったい悲しさに襲われて。

 

手放したことを後悔する気持ちはあるけれど、それが本物の後悔なのか、それとももっと、自己中心的で嫌な感情の表れ方の一つなのかがまだ分からなくて、考えている。私が単に寂しいのか、所在がない気持ちなのか、人々に対して気まずいのか、それとも本当にあなたを失くしたことを悲しんでいて、今でも前みたいに隣にいてほしいと思っているのか。手のひらの上の感情をしっかりと量りたい。分からないままでいるのは怖い。

 

嫌だと、そんなの嫌だと言ってもよかったと思う。そう言ってほしいと思っていたのかもしれない。感情は間違いなく、あの夜、そう叫んでいたと思う。けれど、私の理性はよく分かっていた。一度距離を離して、視界に入らなければあなたは私を見ることはないし、私自身もあなたをもう少しきちんと見つめなおしたかった。私があなたをまた勝ち得るとしても、それとも新たな関係を大事にするとしても、かつて近しかった他人になるとしても、あの距離のままでいてはどれも得られなかった。それを私の理性はきちんと理解していて、我儘を言う感情の手を引いて、あの夜を抜け出した。

 

曖昧な関係だと思う。まだ、変わってしまった関係に対するくすぐったさをお互い感じていて、お互いを大事に思っていて、離れてしまった自分自身に対して責任は覚えているものの、相手がまだ離れていかないことを期待して、どこかそれに甘えていると思う。少なくとも私自身はそうだ。きっとあなたも少なからずそうなんじゃないかなと、日々のやり取りを見ていて思う。私の中に居座っている情けない期待が、私の口を開かせない。人に言えないのは、言いにくいからというのもあるけれど、言ってしまったら本当になってしまいそうで怖いからというのもある。本当なんだけどね。本当だと分かっているけれど、まだ認め切れていない。

 

揺れる心を揺れるままに受け入れてあげたい。悲しい日は悲しいままに、苛立つ日は苛立つままに。抗ってしまわないように。抗えば抗うほどきっと苦しくなるから、そうじゃなくて、その波に揺らるるままに。どこかへ漂着したときには、その地面を踏みしめて歩けばいいから。そのときまでもう少し、漂っていたい。色んなことを思う自分を許しながら、揺られていたい。

日常 comments(0) -
とつとつと

あの歌もこの歌も、今までと違う手触りを持って、違う質量を持って、私の前に現れる。選ばなかったほうの未来がどちらなのか決めかねて、どうしてそんなこと知った気になっていたのか不思議に思う。日によって気持ちは違っていて、今日は少し重たいのは、きっと天気も良くないからに違いない。


相変わらず何を思うのかはよく分からなくて、過ぎる推測を優しくいなしながら息を吸って吐いて、そうして暮らしていくことしかできない。別の人生を歩みだす力はまだない。覚悟も。新しいステップを覚えられない私は、一人でずっと同じダンスを踊っている。


慣れたことを悲しく思ったり、はたまた思い出した喪失感に焦がれたり、人の心は揺れ動くもので、私は今日は苦しい。いい気持ちよりずっと苦しい。人に優しくする元気なんてないのに、人に優しくしていないと自分が壊れてしまいそうだ。

日常 comments(0) -
それはどのページにも書いていなかった

相変わらず言語化できないものには酷く弱い。言語化は可視化の作業で、とても苦しい。けれども、それは現実界から象徴界へと、漠然とした大きな世界から自分の手に掴める世界へと、意識を取り戻す作業でもある。その枠組みに収まりきらないものが怖い。難しくて、辛くて、あまりに大きくて、逃げたくなる。

 

世の中の全てを言葉で表せるなんて思ってもいない。そんなおこがましい。人間の作り出したものでこの世の全てが語り得るわけがない。だけど、それは時に酷く恐ろしい。自分の考えていることも、自分の踏みしめる地面も、言葉として自分自身で捉えることができない。ぶよぶよとした地面を一歩踏みしめる、沈み込んで、慌てて足を浮かせて、そこをじっと見つめる。何と呼べばいいのだろう、と。

 

私は何者なんだろう。私は私なんだけど、それはきっと(きっと)そうなんだけど、でも私は何者なんだろう。全てが相対的なものなのだとしたら、相対としての私は何者なんだろう。私はどこに立っていて、どこに向かっていて、誰なんだろう。どうしたらいいのかもよく分からないね。言葉にできないものは恐ろしい。私を飲み込む。私が気付きもしないうちに。

日常 comments(0) -
春の麗らかな陽射しを浴びて

心は揺れる、いつかの揺り舟とは違うけれど


麗らかな陽射しね

全てが始まる切なさを

そっと優しく抱き締めるように


違ったものを同じには出来なくて

楽しいを大事にするあなたを私は変えられなくて

目を閉じる度に理解する

それくらいの季節は過ごしたから


声も発せない延命ならば

いっそ未来を待ちたいと思った

どうなるか分からない未来を

全てが始まる春の麗らかな陽射しを浴びて

日常 comments(0) -
泡が溢れては弾けて

私に傷つく理由なんて無いのに、という思いもあれば、もしかしたら私が傷つけていたほうなのかもしれないという思いもあり、ぐらぐらと揺れている。自分の決断に、言葉に、自信を持つのは簡単じゃない。必要なことだったとしても苦しい。未来はいつも見えない、過去は全てそこにあるけれど、未来はまだ知らないことばかりだから、怖い。知ったふりをいくらしても、簡単に変わってしまうのが未来だから、いつだって、いくらだって、怖い。


指折り時間を数えては、指を解く。早く何か言ってよ。私は何を思えばいいの。何をどうしたらいいの。分からないまま、待たされている。あなたはどうしているの。元気にしているのかな。心配でもあり、腹立たしくもあり、気になるけれどそれを尋ねるのは今の私には適切ではないと思えてならないから、静かに待っている。息を殺して、答えを待つ。


ねえ、誰かに叱られてよ。上手く叱れない私の代わりに、誰か親しくて信頼できる人に、叱られていてほしい。それとも私が叱られるのかな。よく分からないや。私のために怒ってくれる人はいるよ。どれほど心強いことか。私には味方がいるよ。あなたにはいるのかな。あなたに厳しい、あなたのことが大好きな味方はいてくれるのかな。いたらいいな。その人が、私のことも嫌いでなければいいな。


悩んでも仕方がないのだけど、どうしても悩みが止まらないね。どうなるんだろうね。久しぶりに未来が本当に見えない。一歩先も見えなくて、爪先で地面を探っている。私は息を殺して待つ。音を聞こうと耳を澄ませる。静けさが鼓膜を圧迫して煩い。

日常 comments(0) -
淡い葡萄二粒、そっと結わえて

私も少しは人の役に立てるのかもしれない。分かんないけど、きっと私の優しさは武器だ。

 

だって、強くなりたかったんだもの。でも、強さって、何だろうってね。私は力もないし、押し切る強さもないし、そういう、圧みたいなものではとても弱い。そのせいで困ってしまうこともよくあったんだ。押し切られたりとか、断れないとか。でも、私には受け止める強さがある。それをコントロールしながら暮らしていこうって思った。色んなものを受け止める力がある。受け止めきれないものを見極めて、受け止められる範囲を正確に捉えて、受け止める。それが私の強さだと思う。

 

私はね、自分でも誇らしく思うことなんだけど、いわく人見知りの子によく好かれる。そういう空気が出せているのであれば、嬉しいなと思う。あと、悩める人の傍にいるのは多分、比較的上手い。自分が救世主になりたいだけなのかもしれないんだけど、それはあんまり気にしすぎないことにする。それならそれでもいいじゃんと、最近は思える。自分がしんどくなってしまわない範囲まで踏み込んで、それで相手も救われた気持ちになってくれるんだったら、それでいいじゃないですか、と。

 

友人や後輩のSOSに耳を傾けて、離れないようにしようと思った。これは、きっとずっと昔から私自身が何人かの信頼できる友達にしてもらってきたこと。きっと強くなれる。私の強さは、分析する力、考える力、そして受け止める力。考えてみれば、これはこのブログを始めた頃か、もしかしたらそれよりももっと前から、一歩ずつ培ってきたものなんだと思う。苦しく生きているけれど、その苦しみから生まれるものが少しでもあるのなら、私は救われる。

 

そんなことを思って、ここ数日は生きています。アップダウンの激しい季節だけど、頑張っていきたいね。

日常 comments(0) -
一歩、また一歩と

少し時間が経って、少し状況は変わって。

 

少しは元気になってくれたのかなあ。私は偉そうに色んなことを言ったけれど、やっぱりいてほしかったし。いてくれるってとりあえず言ってくれて、これからもよろしくってしてくれて、だからありがたく(ありがたく?)仲良くさせてもらうことにしたんだけどね。ご飯も行こう、慌てることはないけど、また元気になったら、って。

 

でもきっと誘うのも気まずかっただろうなと思う。だから、都合よく用事が出来てくれてありがたい。よかったなあ。ただ私は理系論文は読めない……、まあいいか。美味しいもの食べて、軽く色々話して、仲良くしよう。あんまり現実的にかつ実用的には役に立てないと思うけど、でも私は多分少々今回はお役に立てたと思うから、よかったと思う。よく頑張ったと思う。えらい、私。

 

今、めっちゃ眠たいんだよね。最近あんまり眠れてなくて。夜になると体がだるくて、だるすぎて眠れない。朝もだるいんだけど。ちょっと精神的にも荒れてる。もしかしたら、友人の件で何かと関わったからかもしれない。引き摺られているのかも。そうならないように気を付けようって、引き摺られてるっていうことに意識的であろうって、そう心がけてきたから思ったほどはその影響はないと思うんだけどさ。だから、別の何かかもしれない。季節かなあ。苦手な時期だもんなあ。

 

こんなに何年もブログをやってると、どの季節にどういうことを思っていたか遡りやすくてありがたい。ありがたいって、自分なんだけどさ。ありがとう、昔の私。まだどうやったら生きていけるのかあんまり把握出来てないんだけど、頑張っていこう。私、ちょっとくらいは親しい人の役に立てる。

日常 comments(0) -
我が家に美人がやってきた

今日はただのうきうきした記事です。日常らしい日常。

 

パソコンを買いました。このブログ的には三代目になるのかな。初代というか、初めてこのブログを書いていた頃は多分家の共有パソコンを使っていたと思う。二十歳頃、一人暮らしをする頃に自分用のノートパソコンを買ってもらって、それ以降はずっとその子とやってきたの。人間年齢でいうと90歳のおじいちゃん、と私はいつも呼んでいた。だって、動きも遅いし、色んなことを忘れちゃうし。でも愛着はすごくあったの。ずっと一緒に頑張ってくれたパソコンだから。

 

しかしまあ、さすがにそろそろ不便だし何かあったら困るということで、買いました。新しい子です。SurfaceのLaptop2。バーガンディー。本当はさあ、コバルトブルーにしようと思ってたんだよね。修羅場のときに赤だとノイローゼになりそうで。でも、やっぱりこれが可愛くて、ときめいちゃって、結局。美人だなあ。美人というしかない。おじいちゃん、きっと仕事を終えてほっとしたまま鼻の下伸ばしてると思う。美人。

 

大事に使ってあげよう。おじいちゃんのことは9年使ったの。驚異的でしょ、めっちゃ使ってるのに。どうかこの美人も、「美人だったのにすっかりおばあちゃんだね」って言ってあげられるくらい使えますように。これからよろしくね。あなたがいないと私は生活が成り立たないからね。よき相棒になりましょう。しかし美人だなあ。

日常 comments(0) -
散りゆく赤を見送った

傷付いている姿を見て、どうしても傷付いてしまった。溺れてしまわないように、陸に括り付けた紐を強く引く。息を、息を吸わなくちゃ。一緒に沈んでも仕方がない。海の中で暮らしたいと言うなら止めることはできないけれど、私は、私の海は、そこではないから。


好きなものを嫌いになってしまっても構わないと思った。それは本心だった。自分自身をそれ以上傷付けないでほしかった。私の好きなものを嫌いになられるのは、それはもちろん寂しいことだけど、仕方がないなら仕方がない。悲しいことに、誰かに傷付けられてしまったんだ。あなたにとって、それは害になってしまった。遠ざけなければもっと傷付いてしまう。そう結び付けられてしまった回路を悲しく指で辿った。溺れたカメラが何故と聞いた。あなたは泣いていたのか、それとも泣くこともしなかったのか分からないけれど、私はそれを聞いて、もう限界だろうなと思った。


唯一私も傷付くなと思ったのは、容赦なく、名残惜しむこともなく、大切にしてきた物を手放すことを告げる言葉だった。ぶっきらぼうな言葉が痛いのかと思ったけど、ゆっくり考えてみたら、それだけではなさそうだ。以前にも感じたことがある。少し性質は違うけれど、似た痛み。あなたがそれを大切にしていたことを知っているから、大切に集めて大切に扱って、それを頼りにしていたことを知っているから、とても悲しかった。どうかそれを私に預けて、もし、もしも万が一いつか取り返したくなったら返してあげるから。よっぽどそう言いたかったけれど、それも図々しいなと思って思い留まった。それはただ単に私が期待しているだけだ。いつか戻ってきてくれると、いつか思い直すと。もしかしたらそうなるかもしれない。だけど、それは私が期待するようなことではない。望まれて起こることではなく、ただ起こることでなくてはいけない。そうでなければ、きっとまた繰り返してしまう。私のために好きにならないでほしい。私も、あなたがまた好きになってくれる日を待ちながら好きでいるのは、あなたのために好きでいるのは、きっと幸せじゃない。


眠気を振り払った深夜、朝が訪れるのを耳にしながらふと横を見れば、透明な額縁にあなたの大好きだったものが光っていた。私も、大好きなもの。いいなあと思った。羨ましいと思った。触れておけばよかったかもしれない。触れるのも申し訳ないと思って、ひたすら眺めていた。目に焼き付いている。いつか消えてしまうんだろうな、この残像も。


もし、私のことも、あのカメラと同じように沈めてしまいたいなら、それでも構わないと思う。自分を守ってほしい。私はあなたの友人だから、あなたを守ってあげたいけれど、もしあなたを守るには私が邪魔なのであれば、私は何故とは聞かないから。でも、それはあなたが決めて。そこまでは責任を持ってやって。無言でもいい、言い訳をしてもいい、自分で自分の中の真実に辿り着いても、辿り着かなくても、いい。いいから、私は今、あなたを全て肯定してあげるから、必要ならば私のことを否定して。いつか思い直して、また私に辿り着きたくなったら、きっと方法はあるから。必要ならば手放して。自分を守って。あなたは傷付いているから、心配だけど、これ以上傷付かないでほしい。


優しくありたいと思う。だけど、優しくあるためには、優しくしないことも大事だという気がする。自分を責めてばかりのあの子を優しさで包めば、私はきっとそれに満足する。でも、あの子はまた自分を責めてしまわないか? 自分はいけないのだと、駄目なのだと、そんなことないのに、思ってしまわないか? それが怖い。それが心配。だから、離れてはいかないけれど、必要以上に近付くのもやめよう。あの子が自分で判断を下すまで、判断を下すべきときだと判断するまで、静かにそこにいよう。いつになるかは分からない、もしかしたら今これを書いている間にさえ何かが変わるかもしれない。いいの。否定されたあなたを、自分にも他人にも否定されてしまったあなたを、私が肯定するよ。あなたは悪くない。だから、あなたが決めなさい。それくらいの強さは、きっとあるでしょう?


いつか来る、必ず来る終わりを見据えて語った言葉が寂しい。夢がふわりと散るのが、寂しい。美しい夢だった。また目を閉じれば出会えたらいいのにと願う。声を出さずに願う。それくらいは、許してくれたらいいなあ。

日常 comments(0) -
雨降る空の白きことよ

やあ。生きてるよ。生きてる生きてる。しばらく書いてないなあと思って見てみたら、年を越せていなくてびっくりした。やあ。平成も終わりそうだね。色んなことがちまちまと動いたよ。仕事もいくつかもらえて、まだそれについていくつか悩み事というか考えないといけないことはあるけれども、何となく暮らせてるよ。しんどい思いをしていることもたくさんあるけれども、暮らせている。


誰に伝えているんだろう、誰か見ているのかな、こんなところ。もう遠く昔の場所になってしまったけれど、誰かいるのだろうか。でも、そもそもここは置き手紙だから、いつかの日の私がそれを見てくれたら、それでいいの。いつかの日の私は、今の私とは違うから。ね。


そんなに書きたいことがあったわけではなくて、書いてないことに驚きすぎたことを書きたかっただけなので、短いけれどここで切ろうかしら。しんどいけれど生きているよ。生きているけれど、しんどいけれど、それでも生きてるよ。逆接ばかりの人生だけど、人生ってそんなものかもしれない。まだ分からない。いつか分かるのかな。私は、分かりたいのかな。それもまだ、分からない。

日常 comments(0) -
<< | 2/146 | >>